愛と性欲

今朝の夢見

僕は女で私は男だった。お互いセックスしてた。

女であることとはどういうことだろう、男であることとはどういうことだろう?

 

女、男っていうのは二次性質であって、実在の本質ではないと思う。

『人間』という存在に便宜上つけられただけのノミナルな概念だと思う。

この性別っていうクソみたいな概念のせいで色々悩んでいる。

 

自分の中にアニマ(女性像)・アニムス(男性像)が存在するのは自覚している。

(これも自覚できるだけ一種の精神分裂なのかな?)

ユングは青年はそのアニマ、アニムスを抑圧することで性別を確定すると言っていたけど、僕にはそれが出来ていない。自我領域に存在する2つのエレメントとして『分析する私』が分析してしまう。だから一人称もぐるぐる混乱するし、自分が男性か女性かをはっきり述べることは出来ない。

性差、そして性欲。不可避なる欲望。

 

Q. 誠実な愛とは欲望から開放された愛なのだろうか?

未分析のモヤッとした苦しみから起因する、自己顕示欲や承認欲を無限に求めるような神経症的な欲望はもちろん誠実とは程遠いと思う。問題は純粋な性欲、これは誠実な愛と相反するだろうか?

セックスを嫌うひとは結構多い。セックスの下手さで嫌われやしないかと心配する人、過去の恋愛にトラウマのあるひと、自身/相手の欲望と相まみえるのが嫌なひと、理由は人それぞれだけど。

この点においてキリスト教アガペー(神の愛)とエロース(性の愛)を区別する。

「愛は辛抱強く,また親切です。愛はねたまず,自慢せず,思い上がらず,みだりな振る舞いをせず,自分の利を求めず,刺激されてもいら立ちません。傷つけられてもそれを根に持たず,不義を歓ばないで,真実なことと共に歓びます。すべての事に耐え,すべての事を信じ,すべての事を希望し,すべての事を忍耐します。」

(コリント第一 13:4‐7)

要するにアガペーは無限の存在である神だけが行える無償・無限のトップダウン型の愛であり、エロースは憧れ、欲望のような見返りを求める愛だと。

 

で、結局どうすればいいのかということだけど、導き出されるのは2つの選択肢

1,神にはなれないということを受け入れて生きていく

無償の愛は無理だけれど、自分の見返りや欲望にある程度客観的に生きていくこと。

自分のあり方は変えないけれど、そこは諦める(Surrender)。

2,生命、欲望(リビドー)を捨て去って、無限の愛を体現すること。

それはつまり神になるということ。論理法則を超えて空の先に行くということ。

意味するところは死しかないが。

 

あしたは相互理解について書こうかな