この世界に確かなものはひとつもない。

真実は蓋然性に過ぎない、因果もまた斉一性でしかない。

強い信念も時とともに薄れ、価値観もまた移り変わる。

あれだけ強く感じる痛みや倦怠感も、傷が癒えれば収まっていく。

思い出はいずれ消えてしまい、新たな「うつろ」が上書きされる。

 

偽物と本物の違いもまた、存在しない。

偽物のブランド品を胸を張って身につける人間を軽蔑するけれど、

自分の記憶も誇りも発言も、偽物と本物の区別はついていない。

どちらかといえば、美しいまがい物のほうが、埃を被った本物より魅力的だ。

 

もったりと重いようで薄い、ファントム・グレーの「うつろ」が

ひとつ、またひとつと自分の感情や信念に覆い被さるような、

言い知れぬ不快感をおぼえながら、この四年間を過ごしてきた。

 

大切な友人が言っていた、ピンク色や紫がかった薄靄は確かに存在しない。

だが、それがかかっていた生活もまた、確かなものでもない。

「かかっている」と認識するわたしもまた、確かとは言えない。

フェイクを真実に変える情熱を(あるいは盲信を)「夢」と呼ぶのなら、

わたしはその夢を持たない。

こうしてまたひとつ、疑いという「うつろ」で上書きされてしまう。

 

疑い。

わたしは、全てにおいて疑ってかかる人間だ。

疑いとはひとつの美徳だと思っていた。

証拠不十分なものを盲信せず、理由と根拠を徹底的に調べ上げ、

不明なものは判断保留にするか、「無意味」と切り捨てていた。

 

「実は、これも無意味なことなのか」と諦めてしまうとき、

自分の心に「うつろ」がひとつ浮かんで、大切な場所を占めてしまう。

恋愛 夢 情熱 科学 生活 ...

普通の人々がいそしむようなタイセツな心の場所。

そこには大きな水泡のような「うつろ」が占めている。

浮かんだ「うつろ」は少しづつ大きくなって、癌のように浸潤していく。

 

癌は悪性新生物って別名がある。

この「うつろ」という癌が広がれば広がるほど、

わたしの心に新たな人格が割れ砕けて生まれ落ちる。

 

それでもまだ生き続ける理由はなんだろう。

燻ってはいるが、まだ暗い情熱の蝋燭は消えていない。

自分を構成するいかなるものをも知らなければ、という根源的な探究心だろうか。

自分が生まれたレゾン・デートルを知らなければ、という実存的な探究心だろうか。

同じ苦しみを抱える人間と出会うためだろうか。

茫漠たる砂漠を歩くための。

 

まだ諦めはしない。

もう少し頑張れるはずだ。

これを読む誰かにも

その心のともしびをもう少しだけ、信じて欲しい。